漢方

  • 2011.04.04 Monday
  • 00:12
DVC00104.jpg

3月に入ってから、胃の調子が良くない日々が続いていました。
地震のニュースを見ていたため? いやいや、そんなにデリケートだったかしら、私って。
思い返すと、風邪が治ったの後の咳が止まらなくて困っていて、気管支炎の薬と、花粉症のアレルギーの薬を数週間飲み続けていたからかなぁと思うようになり、服用を中止しています。

胃痛がピークだった時に、綾部に行く機会があり、以前訪問したことのある赤尾漢方薬局に立ち寄り、漢方薬を処方してもらいました。

薬剤師さん(漢方薬でもそう呼ぶのかわかりませんが)がいろいろ症状や既往症を聞いてくださり、私は粘膜系が弱く、将来関節痛などが出やすい体質とのことで、「桂枝加苓朮附湯」という漢方をいただいて帰りました。

穏やかな効き目で、西洋薬のようには行きませんが、しばらく試してみようと思います。

写真は、綾部の講習会で高田千鶴子さんに作成の仕方と演じ方を教えてもらったコブタちゃんブタです。
ピンク色の軍手の指先部分で作ってあるのですよ。
「コブタのしっぽ、ちょんぼりちょぼり♪」の歌に合わせて踊らせます。
おはなし会の導入で披露したいと思います。後にブタが出てくる絵本を読んでもいいですよね。

それから漢方薬局の近くにあるお煎餅屋さんで買ったお土産。

この日は胃痛がひどくて食事もあまりとれず、お茶も胃に触るので、お白湯を飲んで乗り切ったのに、全然痩せてなくてがっかり…、いやいや、美味しく食べられることは大切ですよね。

薬を中止したためなのか、何なのか分かりませんが、胃痛はその後おさまりました。





薬膳茶

  • 2010.09.19 Sunday
  • 11:32
久しぶりにゆっくりした時間を過ごしています。

他の事に気を取られているうちに、情報処理の試験まで、あと28日アンパンマン
今日こそは勉強をしようと机に向かうのですが、集中力が続かず、洗濯したり、豆ご飯を炊いたり、お茶を煮出したりしています。

先日旅行した綾部で、『赤尾漢方薬局・薬膳喫茶「悠々」』というお店に皆さんと行ってきました。

前日のごちそう三昧で疲れた胃腸を薬膳ランチで癒しました。

「蓮の葉包蒸飯セット」です。おいしかったぁ。

そして、美味しい薬膳茶を飲んで、身体もポカポカ温まりました。

薬膳茶は、お店でも注文した「紫蘇茶」と、冷たく冷やして出された「保健茶」、それと牛乳や豆乳で煮出す「丁度(クローブ)チャイ」をお土産に買って帰りました。

まだまだ暑いので保健茶を煮出して冷蔵庫で冷やして飲んでいます。

右端は上司からいただいたカモミールのハーブティ。
リラックス効果があって、眠れないときに飲むと良いそう。
一緒にカモミールティをもらった友人が教えてくれたのですが、杏里の「オリビアを聴きながら」の歌詞、
「ジャスミンティは眠り誘う薬〜♪」というフレーズがありますが、ジャスミンティは覚醒作用があるので、眠る前にはあんまり向かないかも・・・とのこと。

試験勉強中はジャスミンティがいいかもしれませんちゅん

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ブグログ

カウントダウン

GoogleNewsRSS【図書館】

RSS表示パーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM